スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iRacingとはなんぞや

さて、ここ3日ほどドルショのネタを中心に展開していましたが、個人的にやってみたいネタシリーズで
『海外レースゲーム・レースシム』特集があります。
rFactorGTR2WRCシリーズ等は有名ですが、中にはオンライン故になかなか日本に知られていないゲームや、あまりにもシビアすぎて中々とっつきにくいゲームもあります。
しかし、自分は昔から海外ゲーはやってきましたので、むしろそういう難しい方面は突っ込んでいってしまう、
マゾいところもありますので、そのマゾ精神を全開にしていろいろ知られていないレースゲーム・レースシムを紹介していきたいのがこのトピックです。週末ごとに暇なときに書いて行こうかと思ってます。

・・・・・BF3ばかりやっているわけではございませんのよ\(゜∀。)/

さて、最初は今日入れたばかりのiRacingを軽く紹介。

このiRacingがどういうゲーム化というのは上のリンクやiRacing日本語Wikiを見ていただくとわかるかと思います。

一言で説明すると「レースシムのシステムを使ってオンラインレースゲームを作った」という感じです。
PS3のグランツーリスモシリーズはXBOX360のフォルツァシリーズは、楽しむことを重視して作成されていますが、
このiRacingは、むしろ実在のレースを疑似体験することを目的として作られています。
そして、このゲームの売りが『精密にトレースした世界各地のサーキットを再現』なんですが、実はこのためだけにフォースフィードバックレーシングホイールを導入しても良いほどなんです。

一例を説明しますと、アナログゲームパットを使い、あるサーキットを走ってるとします。
すると、ステアリングアシストを入れていないのに、突然マシンが曲がり始めるんです。

実際にサーキットを走ったことがある方はこの時点でピン!と来ると思いますが。通常のレースゲームでは無視されがちな、コースにある轍やでこぼこ等までも完全にトレースしてしまっているんです。
つまり、轍に嵌れば勝手にその方向にマシンが向きますし、ギャップがあればそこでマシンが跳ねるんです。
レーシングホイールを使えばそれをコントロールで抑えることができるのですが、ゲームパットだとこの細かいコントロールが難しいのでかなり難易度が高くなります。

とりあえず、まだ練習の時点でここまで難しいのが発覚していますので、オンラインになったらどうなることやら・・・・・

また少し進みましたら、日記で報告いたします。
スポンサーサイト
プロフィール

56kawa

Author:56kawa
現在、活動中心がドール沼(1/3メイン)に移行しつつある武装紳士でありTF者であり玩具・フィギュア者であり・・・・平たく言えば何でも屋さんです。
等ブログはのんびり更新していく、何でも屋さんブログですので、のんびりお付き合いしていただければ幸いです。

ついったやってますので、興味のある方は是非。
ついったID:@56kawa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。